ゲストハウスってどんな住まいなの?

最近、若い世代に特に流行っている賃貸タイプがゲストハウスです。

ゲストハウスって聞くと、何だか旅行などで泊まる安い宿って思う方もいるかもしれませんが、最近は普段の住まいでもこのゲストハウスというのがあるのです。

シェアハウスなどとも呼ばれ、テレビでも流行りの番組がありましたよね。

ゲストハウスというのは、一つの賃貸物件であり、他のアパートやマンションと何が違うのかといえば、それは一つの家の中に、何人かの居住者がいると言うことです。

玄関は同じで、各部屋を借りるということです。

各部屋には鍵があり、一応プライベートな空間は確保できる様になっています。

そして、ゲストハウスといえば、他の賃貸物件よりもお金が掛からないという点があります。

部屋を借りるってどんなに安い物件でも何かとお金が掛かってしまうものですが、ゲストハウスであれば、賃料が安く、そして保証金が必要なかったり、光熱費が安く一定料金になっていたりと住まいにお金をかけられないと言う人にぴったりの物件です。

ゲストハウスは各部屋を借りることになるので、キッチンやシャワー、トイレなどが共有になっています。

賃料が安く済むのはこの点にポイントがあるでしょう。

その他、外国人の入居も可となっているので外国人がたくさん住んでいるゲストハウスであることも大いにあり得ます。

今流行りのゲストハウスというのは、何人かの居住者がいて、それぞれ部屋を借りて一つの家をシェアすると言う賃貸タイプのことをいいます。

◆参考リンク:ゲストハウスの選び方